新型CX-5!マイナーチェンジ発表!変更点や価格を比較!2018年11月22日に発売!

下取り査定は必ず一括査定を使うこと

愛車の査定は必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。
スマホで簡単申し込みが出来ます。

マツダCX-5のマイナーチェンジが2018年10月11日に発表されました。

発売日は11月22日です。
SUVでも注目度が高い車なので気になる方は多いと思います。変更点を紹介していきます。

気になる変更内容は新搭載のSKYACTIV-G 2.5Tやディーゼルに6速マニュアルモデルが追加されます。

特別仕様車
Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」も追加されることになりました。

新しいモデルの追加となるので金額も気になるところですよね。
その他にも詳しくまとめたいと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

新型CX-5のガソリン車にターボ搭載!?変更された点は?

引用:https://response.jp/special/recent/2655/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%80+CX-5?page=5

今回の改良でガソリンエンジンに2500ccのガソリンターボエンジンSKYACTIV-G 2.5T」が搭載されます。

このエンジンは海外で販売されているCX-9に搭載されているターボエンジンです。

2500ccのターボとなるとかなりパワフルなエンジンですね。
従来搭載されている2500ccのNAエンジンと比較するとわかりやすいです。

SKYACTIV-G 2.5

最高出力 140kW(190PS)/6,000rpm
最大トルク 252Nm(25.7kgm)/4,000rpm


SKYACTIV-G 2.5T(ターボ)

最高出力 169kW(230PS)/4,250rpm
最大トルク 420Nm(42.8kgm)/2,000rpm

比較してみると違いは歴然です!

SKYACTIV-D 2.2を搭載するディーゼルと比較してもパワーで劣ることはないでしょう。
ディーゼルもターボ搭載ですが、ガソリンの2.5Lターボはまた違った乗り味になってきそうです。
気になる方はぜひ試乗して乗り比べてみて下さい。

G-ベクタリングコントロールも進化

「G-ベクタリングコントロール」とは

ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、車両の横方向と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロールし、四輪への接地荷重を最適化してスムーズで効率的な車両挙動を実現する世界初の制御技術です。

出典元:http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2018/201810/181011c.html

こちらの機能が今回さらに改良されて「G-ベクタリング コントロール プラス」になりました。

G-ベクタリング コントロール プラスは新たにブレーキによる車両姿勢安定化制御(直接ヨーモーメント制御)を追加することで、より高い安定化効果を実現しました。旋回中のドライバーのハンドル戻し操作に応じて外輪をわずかに制動し、車両を直進状態へ戻すための復元モーメントを与えることで安定性を向上。ヨー、ロール、ピッチの各回転運動のつながりを高い旋回Gの領域まで一貫させ、素早いハンドル操作に対する車両の追従性を高めるとともに、挙動の収束性を大幅に改善します。これにより、緊急時の危険回避能力を高めるとともに、高速走行時の車線変更や、雪道など滑りやすい路面環境においても、人間にとって制御しやすく、より安心感の高い動きを提供します。

出典元:http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2018/201810/181011c.html

G-ベクタリングコントロールによってCX-5の直進安定性やコーナーの安定感がある質の高い走りができます。

この機能の進化によって、さらに走りの安定感や安全性が高くなったと言って良いと思います。

こちらも試乗して走りの違いを体感してみたいですね。

新型CX-5のクリーンディーゼル車に6速MTが!?変更点は?

引用:https://response.jp/article/img/2018/10/11/314926/1346419.html?from=tpthm

ディーゼルには6速マニュアルの「SKYACTIV-MT」のモデルが追加になります。
CX-5にマニュアルの設定の追加を期待していた方もいるのではないでしょうか。

トルクのあるディーゼルでマニュアルの運転はとても楽しそうですよね♪

このクラスのSUVでマニュアルが設定されるのはCX-5のみとなるので、マニュアルがあるというのはCX-5の一つの強みになるかもしれません。
マツダ車はマニュアル設定のある車が多いので、マニュアル派の人には嬉しいですよね。

新車市場ではマニュアルがどんどん少なくなっているので、かなり思い切った変更点だと思います。

新たな安全装備の追加

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/safety/

自動ブレーキサポート機能のアドバンスト SCBS(アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート)に「夜間歩行者検知機能」が追加されるようです。

こちらは全グレードに標準装備されるそうです。

夜間の運転で歩行者を認識して、自動ブレーキが作動されるので、夜でも安心して運転できそうですね。

マツダコネクトに新機能追加

引用:http://k-honblog.com/archives/24954729.html

Appleが提供しているCarPlayとGoogleが提供しているAndroid Autoがマツダコネクトでも対応しています。

スマホの一部アプリをマツダコネクトでも操作することができるようになります。
こちらの機能も車を運転する上での安全面につながってくると思います。

11月22日に商品改良され、価格をマイナーチェンジ前後を比較!

これだけ新しいモデルや新機能の追加があるCX-5ですが、価格はどうなるのでしょうか。
それぞれグレードごとの金額をまとめていきたいと思います。
マイナーチェンジをした後と前でも比較していきます。

ガソリンエンジン

グレード 旧価格 11月22日から新価格
20S 2,495,000円 2,570,400円
20S PROACTIVE 2,689,000円 2,802,600円
25S(4WD) 2,722,000円 2,797,200円
25S PROACTIVE(4WD) 2,91,6000 円 3,029,400円
25S L Package 2WD 2,986,000 円 3,018,600円
25S L Package 4WD 3,213,000 円 3,245,400円
25T L Package 2WD なし 3,326,400円
25T L Package 4WD なし 3,553,200円
25T Exclusive Mode 2WD なし 3,650,400円
25T Exclusive Mode 4WD なし 3,877,200円


ディーゼルエンジン

グレード 旧価格 11月22日から価格
XD 2WD 2,808,000円 2,883,600円
XD 4WD 3,305,000円 3,110,400円
XD PROACTIVE 2WD 3,002,000円 3,115,800円
XD PROACTIVE 4WD 3,229,000円 3,342,600円
XD L Package 2WD 3,299,000円 3,331,800円
XD L Package 4WD 3,526,000円 3,558,600円
XD Exclusive Mode 2WD なし 3,655,800円
XD Exclusive Mode 4WD なし 3,882,600円

ディーゼルは全グレードで6速マニュアルも選べるようになっていますが、価格はATと共通です。

新たに追加となる特別仕様車の「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」はガソリン・ディーゼルともに一番金額が高く、最上位グレードになっています。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/special-vehicles/exclusive-mode/

Lパッケージよりも、さらに豪華なグレードという事なので期待度はとても高いですよね。

マイナーチェンジによって価格は、グレードによって7万~10万円の値上がりになりましたが、走行性能や安全性、使い勝手の向上しました。

今回のマイナーチェンジでは今までのCX-5ではあり得ないクオリティともいえるかもしれません。

CX-5の新グレードExclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)とは!?画像あり!

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/special-vehicles/exclusive-mode/?utm_source=ylis&utm_medium=cpc&utm_campaign=1-cx-5&utm_term=cx-5&utm_content=specially

特別仕様車として誕生するExclusive Mode(エクスクルーシブ モード)の新機能はかなりすごいです。
エクステリアもインテリアもかなりこだわっています。
上の写真を見る通りホイールが違います。
インテリアに関してもBoseサウンドシステムが内臓されていたりステアリングもおしゃれになったりしています。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/special-vehicles/exclusive-mode/?link_id=sbnv

このシフトノブとかおしゃれ過ぎます。

目にするもの、触れるものすべてが上質で、美しい。
「Exclusive Mode(エクスクルーシブ モード)」は、
大人の審美眼を満たす、格別な1台です。

これがこのExclusive Mode(エクスクルーシブ モード)のコンセプトです。
価格は群を抜いていますが、それだけの価値があるくらいに強化されているのではないでしょうか。
今回のマイナーチェンジではかなりの力を入れているのがわかります。

マイナーチェンジによりCX-5の下取りで絶対に後悔しない方法!購入チャンス!

マイナーチェンジ前の残ったCX-5の購入チャンスでもあります。
このチャンスに今持ってる愛車から乗り換える方もいらっしゃるかもしれません。

もちろんマイナーチェンジ後のCX-5を購入する人にもお得な情報です。

販売店で下取りに出すと大きく損をする可能性があります。

少しでも愛車を高く売りたいというのは当然です。
当サイトでも紹介している一括査定を使うことで何10万円も得をする可能性があります。

一括査定をすると少しでも下取り額を1社で下取りに出すよりも
売り値を吊り上げることが出来ます。
手順を紹介します。

一括査定の申し込み手順
  1. 一括査定に申し込む(45秒程度で入力が完了します)
  2. その後入力した情報を元に電話やメール連絡がきます。
  3. 連絡がきたら査定日を決めます。
  4. 最後にディーラーに下取り額の交渉

これだけでOKです。一番、高く買ってくれるところに売却するだけです。
その事業者によって営業マンが査定に来る場合があるので
一括査定をする前に時間が空いてる日を作っておいて
その日に事業者の査定に来る日を集中させておくのがベストです。
これらのことが面倒かと思われますが、60社近くが査定事業者が存在し最大10社が査定をしてくれ、売り値を大きくしてくれます。

一括査定のデメリットと
デメリット解消方法

デメリットとしては、多くの事業者から連絡がくることくらいです。
しかし当ブログで紹介している「安心車.jp」を運営してる株式会社イードは大企業です。
ここと提携してる事業者は全てJADRI(日本自動車流通研究所)に加盟しています。
JADRIではユーザーと事業者に有益な情報を提供する公的組織となっております。
迷惑かと思った場合は「安心車.jp」に記載されているところに相談することもできます。

最初は電話やメールで煩わしいと感じるかもしれませんが、
何10万円も得する可能性があるメリットを考えてみてください。

1か月分の給料くらい得をする可能性もあります。
一括査定をすればそれだけでも事業者によって差があるというのをわかるはずです。
事業者からの連絡だけでどれだけ得をすることが出来るか理解できます。
最後に買いたい販売店で下取り査定額を聞きます。
他の何十社も査定をしてもらい、最後に販売店に聞いて一番得をすると思ったところに下取りに出すわけです。

販売店での下取りを断りづらいという方は下取り額を聞く前に
「親族に譲ったり2台持ちにするか、下取りに出すか考えてるんですけど、いくらで下取りできます?」

と最初に聞くのが良いです。
そして下取り額が安かったら
「考えたんですけど、2台もとうかなと思っています」
と伝えたらいいんです。
このように一番高く査定してくれる業者に売ることも簡単に出来ます!
下取りでは絶対に損をしないために一括査定を利用することをオススメ致します。

欲しい車を最大の額で値引きする絶対に後悔しない裏ワザ!

新車に乗り換えたいと
思ってる人は必見です。
販売する店舗で下取りを
お願いすると何10万円も
損をする可能性があります。

無料の一括査定を使うと逆に
10万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

一社じゃなく、最大10社の
事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかるのは当然ですね。

「事業者によって50万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用すべきです。

一括査定で10万円以上、
得をする可能性をあげる手順
  1. 一括査定の申し込み(1分かからないです)
    スマホでもPCでもOK
  2. 申し込み完了後、事業者から電話、メールが来るので申し込み内容に沿った査定額を言ってくれる。
  3. 新車を購入する販売店で下取り額を聞く
  4. 一番高く売れるところで売る。

たったこれだけで
何10万も特をする
可能性があります。
よく考えてみてください。
一括査定に申し込むだけで
給料以上を得する可能性もあるんです。
そうなったら時給にしたら
何万円にもなります。

無料の一括査定のデメリットは絶対に知るべし!

メリットだけではなくデメリットもあり、
それを嘘なしで教えます。
一括査定にもデメリットはあります。
「45秒くらいの入力」で多くの
事業者に愛車を査定してもらうことが出来ます。

その入力が完了したら電話や
メールで査定額を教えてくれます。
ここにデメリットがありますので
注意が必要です。
口コミを見ると電話がすごくかかって
きたりと迷惑に感じる人もいます。

一括査定のデメリットは!?
またそれは解消できる?

申し込みをしたら
中古車の事業者から
連絡が来ます。
メールしかしない事業者もありますが、
電話もあります。
また営業マンが実際に車を身にきて
査定することもあります。
なので申し込む前にアポを取る日は決めておいて、
その時に事業者を集中させるのも手でしょう。
これらがデメリットです。
何度も連絡が来ます。
査定が終わり愛車を買い取ってもらう先が
決まってからのトラブルは
【安心車.jp】を運営している
大企業の株式会社イードに
電話して対応してもらうことが可能です。

デメリットの解消として、この【安心車.jp】を利用してる事業者は
JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟しています。

中古車事業者とユーザーに有益な情報を提供する一般社団法人なんです。
JADRIの加盟には厳しい審査もありますので、安心できます。

またここに加盟している事業者は下記のような大手企業も査定をしてくれます。

  • カーセブン
  • ガリバー
  • TAX
  • ビッグモーター
  • ネクステージ
  • アップル

ディーラーなどで下取り額が低かったら
他の事業者の売却額をしっかりと伝えて交渉するのもありです。

CX-5だけではなく、
新車購入を考えている方は自分の
愛車の査定額を知っておくのもありでしょう。

事業者により、どれだけの差が
あるのかわかってくるはずです。
査定額を確実にあげるために一括査定の
申し込むことを検討してみてもよいでしょう。
スマホでも簡単に申し込むことが出来ます。