CX-5の11月8日最新リコール情報!エンジンや制御プログラムがやばい!?

下取り査定は必ず一括査定を使うこと

愛車の査定は必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。
スマホで簡単申し込みが出来ます。

2018年11月8日、マツダからリコールが発表されました。
CX-5だけじゃなく、アクセラ、アテンザ、CX-8にも同日リコールが発表されています。
深刻なリコールなのか!?対象の方はすぐに販売店でみてもらいましょう。

リコールの対象車は!?CX-5、CX-8、アクセラ、アテンザオーナーは絶対に確認せよ!

今回は合計で23万台を超えるかなり大きいリコールとなっています。

しかもCX-5はそのうちの156,187台がリコール対象となっています。
CX-5、CX-8、アクセラ、アテンザを所有してる方は自分がリコール対象の車なのか確認すると良いでしょう。

リコールはメーカーの落ち度なので無料で直してくれますので必ず対象車の方は見てもらいましょう。
もしニュースなどみてなくてもマツダからダイレクトメールが届きますので必ず確認して修正してもらいましょう。

CX-5を持ってる人は
平成24年2月13日~平成30年5月8日までに制作されたものは、リコール対象車の可能性があります。
怪しいと思う方はマツダのコールセンターに電話するのがよいでしょう。

マツダコールセンター
0120-386-919

電話するときは車検証を準備しておくとすぐに教えてくれます。
対象車かなーと思ったら必ず確認しましょう。
全て無料です。取られるのは時間のみですので、対象車をお持ちの方は直しちゃいましょう、

制御プログラムやらエンジン内やら今回のリコールは深刻なのか!?

引用:http://www2.mazda.co.jp/service/recall/ra/20181018001/4351-2.html

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
エンジンの吸気シャッタ・バルブにおいて、制御プログラムが不適切なため、バルブ周辺に付着する煤などにより、バルブ開度が正しく制御されなくなり、エンジン警告灯が点灯した際、フェールセーフが十分に機能せず、バルブが全開しないことがあります。そのため、煤などの付着により、バルブが全閉のまま固着した場合、エンジンが停止するおそれがあります。
エンジンの排気圧センサにおいて、異常判定プログラムが不適切なため、センサ内部への水分の浸入により、センサの出力値がずれ、排出ガスが基準値を満足しなくなる場合に、異常判定しません。そのため、そのままの状態で使用を続けると、浸入した水分により排気圧センサ内の電子回路が腐食し、断線することでエンジン警告灯が点灯し、フェールセーフ制御によりアイドリングストップが作動しなくなり、変速ショックが大きくなるおそれがあります。

エンジンの吸気側バルブスプリングにおいて、スプリング荷重の設定が不適切なため、吸気バルブの閉じ力が弱く、吸気バルブとバルブシート間に挟まる煤を押し潰すことができず、圧縮不良となることがあります。そのため、エンジン回転が不安定になり、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがあります

内容的には結構危険なにおいがします。
国交省からの発表だと最悪エンジンがとまったりすることもあるようですね。
この不具合により事故などはおきてはないようですが、コワすぎますので持ってる人は少しでも早くなおしてほしいところdせうね。

スバルもリコールでたばかりですからね…なかなかショックの方も多いのかもしれないです。
というか部品自体が同じメーカーなのかというところがきになるところでもあります。

今後そのようなことが発表されているのかも注視していきたいですね。

今回のリコールで不具合の対象車はたくさんある?

実際報告されてる不具合の台数は2018年11月8日現在725件らしいです。
バルブスプリングの不具合の連続はこわいですね。

このような口コミを発信してる方もいらっしゃいます。

これだけの台数があると時間がかかるかもしれないので早めにリコールに出すのがよいでしょう。
リコールは先延ばしにすると億劫になります。
というかむしろ今回のリコールの内容はそれなりのものですので、対象の車のオーナーの方はしっかりとみてもらいましょう♪

欲しい車を最大の額で値引きする絶対に後悔しない裏ワザ!

新車に乗り換えたいと
思ってる人は必見です。
販売する店舗で下取りを
お願いすると何10万円も
損をする可能性があります。

無料の一括査定を使うと逆に
10万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

一社じゃなく、最大10社の
事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかるのは当然ですね。

「事業者によって50万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用すべきです。

一括査定で10万円以上、
得をする可能性をあげる手順
  1. 一括査定の申し込み(1分かからないです)
    スマホでもPCでもOK
  2. 申し込み完了後、事業者から電話、メールが来るので申し込み内容に沿った査定額を言ってくれる。
  3. 新車を購入する販売店で下取り額を聞く
  4. 一番高く売れるところで売る。

たったこれだけで
何10万も特をする
可能性があります。
よく考えてみてください。
一括査定に申し込むだけで
給料以上を得する可能性もあるんです。
そうなったら時給にしたら
何万円にもなります。

無料の一括査定のデメリットは絶対に知るべし!

メリットだけではなくデメリットもあり、
それを嘘なしで教えます。
一括査定にもデメリットはあります。
「45秒くらいの入力」で多くの
事業者に愛車を査定してもらうことが出来ます。

その入力が完了したら電話や
メールで査定額を教えてくれます。
ここにデメリットがありますので
注意が必要です。
口コミを見ると電話がすごくかかって
きたりと迷惑に感じる人もいます。

一括査定のデメリットは!?
またそれは解消できる?

申し込みをしたら
中古車の事業者から
連絡が来ます。
メールしかしない事業者もありますが、
電話もあります。
また営業マンが実際に車を身にきて
査定することもあります。
なので申し込む前にアポを取る日は決めておいて、
その時に事業者を集中させるのも手でしょう。
これらがデメリットです。
何度も連絡が来ます。
査定が終わり愛車を買い取ってもらう先が
決まってからのトラブルは
【安心車.jp】を運営している
大企業の株式会社イードに
電話して対応してもらうことが可能です。

デメリットの解消として、この【安心車.jp】を利用してる事業者は
JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟しています。

中古車事業者とユーザーに有益な情報を提供する一般社団法人なんです。
JADRIの加盟には厳しい審査もありますので、安心できます。

またここに加盟している事業者は下記のような大手企業も査定をしてくれます。

  • カーセブン
  • ガリバー
  • TAX
  • ビッグモーター
  • ネクステージ
  • アップル

ディーラーなどで下取り額が低かったら
他の事業者の売却額をしっかりと伝えて交渉するのもありです。

CX-5だけではなく、
新車購入を考えている方は自分の
愛車の査定額を知っておくのもありでしょう。

事業者により、どれだけの差が
あるのかわかってくるはずです。
査定額を確実にあげるために一括査定の
申し込むことを検討してみてもよいでしょう。
スマホでも簡単に申し込むことが出来ます。