CX-5のエンジン交換必要!?新型、旧型リコール情報のまとめ♪

下取り査定は必ず一括査定を使うこと

愛車の査定は必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。
スマホで簡単申し込みが出来ます。

CX-5のエンジン交換必要!?新型、旧型リコール情報のまとめ♪
「CX-5はこんなにもリコールがあるの!?」
と思った人もいるかもしれないです。

今年だけで3回、全部で12回のリコールが行われています。

新型のCX-5は改良されてきているのでリコール情報はまだ1件です。

不安になる方も多いと思うので、マツダの対応や今後のCX-5のリコールが起きる可能性などを考えてみます。

こちらから2018年11月8日発表のエンジンや制御装置に関するリコール情報を紹介しています。

【最新情報】リコール不具合のまとめ(2013~2018)

引用:https://www.autoyas.com/

過去のCX-5のリコール情報は下記の通りです。
(上から新しい順です。2018年8月現在)

CX-5リコールまとめ

2018年 7月
カメラのコーティング不具合 KE系

2018年 6月
ガソリンエンジン車、ディーゼルエンジンのエンジン制御プラグラムの不具合によりエンジン始動が出来なくなるおそれあり KF系

2018年 4月
ディーゼルエンジンの
ターボチャージャの不具合
バキュームポンプの不具合
オイルフィルタの使用方法の周知不足によりおきた不具合
KE系

2017年 4月
前照灯が上向きにならなくなる不具合

2017年 3月
前照灯の光軸を自動調整するコンピュータの不具合 KE系

2017年 2月
エンストの恐れがあるディーゼルエンジンの不具合 KE系

2017年 2月
カメラレンズのコーティングに不具合があるものがあり KE系

2016年 9月
リヤゲートの不具合 KE系

2015年 10月
急ブレーキをかけた時に後ろの車に注意を促すシステムが不適合なものになる不具合

2014年 12月
ディーゼルエンジンのオイルフィルター不具合 KE系

2014年 11月
6速AT(自動変速機)の不具合 KE系

2013年 9月
ディーゼルエンジン排気圧センサー不具合 KE系

旧型にはかなりの不具合がありましたが新型は減っているようです。

CX-5はリコールが多く特にディーゼルエンジンに多いという意見が多く、実際にディーゼル車の方が多いです。

リコールだけではなくて故障によるエンジン交換というのも口コミでありました。

ただマツダの対応は良くエンジン交換もディーラー側から提案されたという方もいます。

ディーラーの対応は良いことは間違いないので、エンジン音やブレーキなど命に関わるような「これはまずい」と思ったら相談してみてください。

きっと素敵な営業マンが適切な対応を提案してくれるはずです。

リコールの案内が届いたらすぐに相談ですね。

新型はリコール情報は少ないです。年々品質が改良されているというのがわかります。

【マツダ・CX-5】リコール理由のターボチャージャの不適切な処置とは

https://trendstream.biz/japan/cx5-recall/

今年の4月にディーゼルエンジンの不具合が確認されました。

対象になったのが2012年2月13日から2013年9月18日までに製作されていた型式がLDA-KE2AWとLDA-KE2FWで、なんと6万台以上の大型のリコールとなってしまいました。

CX-5だけではなくてアテンザのディーゼルエンジンにも改善対策が必要なものがターボチャージャなど次の3点あったのです。
全てディーゼルエンジン車です。

2018年4月ディーゼルエンジンの不具合
  1. ディーゼルエンジン車のバキュームポンプにおいて、ポンプ軸の耐摩耗性が不十分なため、エンジン内部で発生する金属粉により当該軸が摩耗することがあります。そのため、そのまま使用を続けると軸の摩耗が進み、負圧生成能力が低下し、エンジン低回転時にブレーキペダルを短時間に複数回踏むと、一時的にブレーキアシスト力が低下するおそれがあります。
  2. ディーゼルエンジン車のターボチャージャにおいて、これまでに実施した点検等の措置が不適切なため、エンジン内部で発生する金属粉で当該ターボチャージャの軸が摩耗することがあります。そのため、そのまま使用を続けると軸の摩耗が進み、加速力の低下及び異音が発生し、最悪の場合、軸が折れて排気経路が閉塞し、エンジンが停止するおそれがあります。
  3. ディーゼルエンジン車用のオイルフィルタの使用において、使用者への周知が十分行われていないため、リリーフバルブの開弁圧が不適切なオイルフィルタを使用した場合、エンジン内部で発生する金属粉が十分に捕捉されないことがあります。そのため、1.及び2.の不具合が発生するおそれがあります。

エンジンが停止するほどの故障が起きるかもしれないとかなり不安になります。

初期のCX-5の不具合ではありますが、CX-5を購入を考えてる方には不安は大きくなります。

マツダの対策

  1. 全車両、バキュームポンプを対策品に交換します。
  2. 全車両、ターボチャージャを点検し、異常なものは新品に交換します。
  3. 全車両、オイルフィルタを点検し、不適切なものは対策品に交換します。また、使用者に注意喚起するとともに、エンジンフードに純正外のオイルフィルタを使用しない旨の注意ラベルを貼り付けます。

 

不具合のある個所は全て新品に交換してくれるということです。

純正でないものを使うのが原因だったようです。

マツダも注意は促していたようですが、全てのユーザーには届かなったようです。

新型のディーゼル車には2018年8月現在このような不具合は出ていません。

ディーラーで購入した方は不具合があったら書類が届くので、必ずチェックするようにしましょう。

マツダの対応はかなり良いと評判なので不具合があったら、すぐに相談するのがよいでしょう。

【マツダ・CX-5】2018年のリコール情報と対応

今年CX-5は全部で3回のリコールがありました。

  • 上記で説明した4月のディーゼルエンジンの不具合
  • 6月には電解コンデンサに不適切な場所がありました。これは内部損傷してるものがある、エンジンが停止し再度、始動させようとすると最悪火災のおそれがある不具合
  • 7月にはカメラのコーティングの不具合

引用:http://www2.mazda.co.jp/service/recall/ra/20180612001/4279.html

●6月のリコールは上の図のようなものです。一言でいうと、エンジンが止まって再度始動させると火災が起きるかもしれない…

これはKF型の新型です。

かなり恐ろしい不具合です。

対象が12台と非常に少なかったです。

当たり前ですが対象の方は損傷があるハーネスを新品と交換してくれるとのことです。
連絡がきた方はすぐに見てもらいましょう。

●7月のリコールは予見性リコールというものでカメラのレンズがおかしくなって周辺の確認をしづらくなるというものです。

下の写真の通りです。

引用:http://www2.mazda.co.jp/service/recall/ra/20180710002/4298.html

予見性リコールとは

お客様が予見現象を容易に認知でき、この予見現象が発生した以降も相当な期間、安全な運行を確保できる場合には、この予見現象を認知した後に速やかに改善を実施することができるリコール制度です

このカメラコーティングの不具合も20台くらいでしたが、リコールはゼロにしてほしいですよね。

レンズに白濁がある場合は交換してくれます。

【マツダ・CX-5】リコール後の対応は!?

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/

リコール後はさすがに公表してるだけあってちゃんと受け入れてくれるようです。

リコールする箇所はないほうがよいですが、
不具合があるときは
リコール隠しをしないで、
しっかりと不具合は公表してリコールし、品質を向上させるメーカーが成長し大きくなっていくと信じています。

マツダはそんな会社だと思います。

タイミングは不明ですがはがきが届きます。
私の場合は、同じタイミングであった別件のリコールについて5日ははがきが届きました。
気になるようでしたら、他の方もおっしゃっているように直接ディーラーに確認してみる方がいいと思います。

このように通知がこないという方もいるようです。前述にもあるようにリコールの対応の機種が20台など少ない場合もあるので、その場合はディーラーに確認しましょう。

リコールの案内がきたら

すぐに愛車ですから

見てもらうことにしたほうがよいでしょう。

欲しい車を最大の額で値引きする絶対に後悔しない裏ワザ!

新車に乗り換えたいと
思ってる人は必見です。
販売する店舗で下取りを
お願いすると何10万円も
損をする可能性があります。

無料の一括査定を使うと逆に
10万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

一社じゃなく、最大10社の
事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかるのは当然ですね。

「事業者によって50万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用すべきです。

一括査定で10万円以上、
得をする可能性をあげる手順
  1. 一括査定の申し込み(1分かからないです)
    スマホでもPCでもOK
  2. 申し込み完了後、事業者から電話、メールが来るので申し込み内容に沿った査定額を言ってくれる。
  3. 新車を購入する販売店で下取り額を聞く
  4. 一番高く売れるところで売る。

たったこれだけで
何10万も特をする
可能性があります。
よく考えてみてください。
一括査定に申し込むだけで
給料以上を得する可能性もあるんです。
そうなったら時給にしたら
何万円にもなります。

無料の一括査定のデメリットは絶対に知るべし!

メリットだけではなくデメリットもあり、
それを嘘なしで教えます。
一括査定にもデメリットはあります。
「45秒くらいの入力」で多くの
事業者に愛車を査定してもらうことが出来ます。

その入力が完了したら電話や
メールで査定額を教えてくれます。
ここにデメリットがありますので
注意が必要です。
口コミを見ると電話がすごくかかって
きたりと迷惑に感じる人もいます。

一括査定のデメリットは!?
またそれは解消できる?

申し込みをしたら
中古車の事業者から
連絡が来ます。
メールしかしない事業者もありますが、
電話もあります。
また営業マンが実際に車を身にきて
査定することもあります。
なので申し込む前にアポを取る日は決めておいて、
その時に事業者を集中させるのも手でしょう。
これらがデメリットです。
何度も連絡が来ます。
査定が終わり愛車を買い取ってもらう先が
決まってからのトラブルは
【安心車.jp】を運営している
大企業の株式会社イードに
電話して対応してもらうことが可能です。

デメリットの解消として、この【安心車.jp】を利用してる事業者は
JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟しています。

中古車事業者とユーザーに有益な情報を提供する一般社団法人なんです。
JADRIの加盟には厳しい審査もありますので、安心できます。

またここに加盟している事業者は下記のような大手企業も査定をしてくれます。

  • カーセブン
  • ガリバー
  • TAX
  • ビッグモーター
  • ネクステージ
  • アップル

ディーラーなどで下取り額が低かったら
他の事業者の売却額をしっかりと伝えて交渉するのもありです。

CX-5だけではなく、
新車購入を考えている方は自分の
愛車の査定額を知っておくのもありでしょう。

事業者により、どれだけの差が
あるのかわかってくるはずです。
査定額を確実にあげるために一括査定の
申し込むことを検討してみてもよいでしょう。
スマホでも簡単に申し込むことが出来ます。