【マツダ・CX-5】残価設定ローンを維持費から考える

下取り査定は必ず一括査定を使うこと

愛車の査定は必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。
スマホで簡単申し込みが出来ます。

あなたは新車を現金とローンどちらで購入しますか?最近オートローンで月々支払うといった方が増えているそうです。

ディーラーでは残価設定型のオートローンも選択可能になっています。

今回はCX-5の残価設定型ローンについてまとめてみました。

【マツダ・CX-5】ガソリン車とクリーンディーゼル車の維持費

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/design/?link_id=sbnv

CX-5のローンを説明する前に購入した後、維持費はおおよそいくらかかってくるかを考えてみます。

新車をローンで購入するとなると月々の支払いに加えて、車の維持費がかかってきますので

ローン購入の際にはさらにお金が必要ということも考えて検討しましょう。

車の維持費には、ガソリン代・オイル交換・点検・車検・自動車税、人によっては駐車場代などが必要になる場合があります。

ガソリン車で約35万円、ディーゼル車で約40万円の年間維持費がかかってきます。

車によく乗る方で、走行距離が長くなるとガソリン車の維持費はもっと高くなってしまいます。

ディーゼル車は軽油を燃料として使用し、燃費も良いので距離を乗る場合でも維持費は抑えられます。

その代わり、ディーゼル車のほうがエンジンオイルや車検・自動車税が高くなってきます。

年間の走行距離が少ない方はガソリン車のほうが、車両本体価格が安いので月々の支払いも少なくて、維持費も抑えられます。

ディーゼル車は車両本体価格が高い分、月々の支払いが多くなってくるので、走行距離が少ない方のローン購入は維持費も高いため、予算に余裕がなければあまりおすすめできません。

【マツダ・CX-5】新車を購入したときにローンはどうやって組めばいい!?

引用:https://ikikuru.com/news/basic-knowledge-3/

新車を購入するときにローンを組むには、まず審査が必要になります。

車の見積もりを作ってもらったときに、ディーラーでローンを組みたいと相談すればローンのプランや

月々の支払金額を計算してもらえます。

ディーラーでは残価型プランを選択することができて、よく残クレと呼ばれています。

この残クレを選ぶ方も非常に多くなっています。

CX-5を販売しているマツダではスカイプランという名称になっています。

マツダスカイプランとは!?

スカイプランはマツダのスカイアクティブテクノロジー搭載車のみ組むことができる残価型クレジットです。

スカイアクティブテクノロジーはマツダの新型車にはすべて搭載されている技術なので

もちろんCX-5もスカイプランが組める対象になっています。

通常のオートローンとスカイプランの違いは、返済する金額の一部を残価支払い分として設定して

残りの金額を月々の返済額に設定することにより、月々の支払額が少なくてすむところです。

最終回の支払方法は4つから選択することができます。

1、新しい車に乗り換える

今まで乗っていた車を下取りに出して残りの支払い分を清算。新しい車に乗り換えます。

2、一括払い

マツダスカイプランで購入した車にそのまま乗り続けたい場合に、最終回の残価支払い分を一括払いして乗り続けることもできます。

3、分割支払い(再クレジット)

そのまま乗り続けたいけれど資金がなくて一括で支払いできないという場合に、再クレジットを組んで分割払いしていくことが可能です。この時の分割払いの金利はスカイプランの金利よりも少し高くなるようで、再審査が必要になります。

4、車の返却

このまま乗り続ける予定がなく、車を手放す場合には返却して最終回の支払い分を清算できます。

上記から選択できます。

新しい車に乗り換え、車の返却を選択した場合は車の状態がよほどの傷や凹みがない限り最終回の支払いはしなくて大丈夫です。

途中で車を乗り換えや手放す場合には乗った分だけの支払いですむということになります。

マツダでオートローンを組む方の8割近くの方がスカイプランを選択しているようです。

マツダスカイプランのメリットやデメリットまとめ

スカイプランを選択するメリットは

・月々の支払額を抑えられる

残価設定プランになっているため月々の支払いが少ないです。CX-5だと1万後半から高くても3万が月々の支払いになってくるので、ローンの支払いが不安な方や、家と車のダブルローンになってしまう方にはおすすめです。

・最終回の支払いを選択できる

通常の残価クレジットでは、一括の支払いか分割払い(再クレジット)しか選べませんが、新車に乗り換えるか返却することで最終回分の清算をすることができます。

特に新車に乗り換えて最終回分を清算するプランは、今まで乗った分だけ分割払いして新しい車に乗り換えられます。

・残価額の保証がある

これも通常の残価クレジットでは残価額の保証はありませんが、スカイプランは中古車相場が残価額を下回っていても、最初に設定された残価額は保証されています。

また、車が定められた既定の範囲内であればよほどの損傷がない限り残価額は保証されます。

・3年ごと5年ごとに新車を乗り換えることができる

もし3年で組んだ時の支払額が予算を超えていたり、3年後の車の乗り換えや返却を考えていない場合には5年でクレジットを組むことも可能です。5年でスカイプランを組んだ場合の残価額は、3年で組んだ残価額とは異なります。

スカイプランのデメリットは

・頭金が少額しか入れられない

残価額がの設定分、入れられる頭金は限られてきます。

・月平均1000km以内の走行距離制限がある

残価額の保証がありますが、最終回支払い時に月平均1000km以上の走行距離になっていると差額を負担しなければなりません。

一括払い、分割払いを選択する場合は、いくら乗っていても問題はありません。

【マツダ・CX-5】残価設定型のクレジットローンの注意点など

 

残価クレジットは毎月の支払いを抑えて車に乗ることができます。

通常のローンでは手が届かなかった車種を選ぶことができるなど、選択の幅が広がります。

しかし、本来支払わなければいけない金額を後回しにしているところには注意が必要です。

分割支払い終了時に乗り続けていたい場合は、残価分を一括払いまたは再クレジットを組んで支払い続けることになります。

再クレジットを選択した場合は、普通の長期ローンを組んでいるのと変わらなくなってしまいます。

購入時に最終回の支払いを一括払いで考えていた場合でも、車の維持費もかかってくるという計算をしておかないと最終回の支払いが負担になってきてしまう場合もあります。

月々の支払いが抑えられるからと安易に契約してしまうと、後々になって支払いが大変ということになりかねません。

ではどのように残価クレジットを組むと良いでしょうか。

例えば3年ごとに新車に乗り換えることに抵抗がない人ならば、3年ごとに新車をスカイプランで契約することで残価額の支払いを清算できます。

3年ごとに新車に乗り換えるのはもったいない感じもしてしまいますが、車検に出す必要もないですし常に新車に乗っていられるので故障のリスクも心配いらなくなります。

スカイプランで3年ごとに乗り換えると常に月々のローンを支払うことになりますが車の急な出費がなくなるので家計も管理しやすくなるのではないでしょうか。

3年や5年ごとに新しい車に乗り換えられるのは嬉しいですし、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるでしょう。

このように残価設定型のクレジットローンを組む場合には、しっかりと計画を立てて、最終回の選択まで長期的に考えてく組むようにしましょう。

欲しい車を最大の額で値引きする絶対に後悔しない裏ワザ!

新車に乗り換えたいと
思ってる人は必見です。
販売する店舗で下取りを
お願いすると何10万円も
損をする可能性があります。

無料の一括査定を使うと逆に
10万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

一社じゃなく、最大10社の
事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかるのは当然ですね。

「事業者によって50万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用すべきです。

一括査定で10万円以上、
得をする可能性をあげる手順
  1. 一括査定の申し込み(1分かからないです)
    スマホでもPCでもOK
  2. 申し込み完了後、事業者から電話、メールが来るので申し込み内容に沿った査定額を言ってくれる。
  3. 新車を購入する販売店で下取り額を聞く
  4. 一番高く売れるところで売る。

たったこれだけで
何10万も特をする
可能性があります。
よく考えてみてください。
一括査定に申し込むだけで
給料以上を得する可能性もあるんです。
そうなったら時給にしたら
何万円にもなります。

無料の一括査定のデメリットは絶対に知るべし!

メリットだけではなくデメリットもあり、
それを嘘なしで教えます。
一括査定にもデメリットはあります。
「45秒くらいの入力」で多くの
事業者に愛車を査定してもらうことが出来ます。

その入力が完了したら電話や
メールで査定額を教えてくれます。
ここにデメリットがありますので
注意が必要です。
口コミを見ると電話がすごくかかって
きたりと迷惑に感じる人もいます。

一括査定のデメリットは!?
またそれは解消できる?

申し込みをしたら
中古車の事業者から
連絡が来ます。
メールしかしない事業者もありますが、
電話もあります。
また営業マンが実際に車を身にきて
査定することもあります。
なので申し込む前にアポを取る日は決めておいて、
その時に事業者を集中させるのも手でしょう。
これらがデメリットです。
何度も連絡が来ます。
査定が終わり愛車を買い取ってもらう先が
決まってからのトラブルは
【安心車.jp】を運営している
大企業の株式会社イードに
電話して対応してもらうことが可能です。

デメリットの解消として、この【安心車.jp】を利用してる事業者は
JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟しています。

中古車事業者とユーザーに有益な情報を提供する一般社団法人なんです。
JADRIの加盟には厳しい審査もありますので、安心できます。

またここに加盟している事業者は下記のような大手企業も査定をしてくれます。

  • カーセブン
  • ガリバー
  • TAX
  • ビッグモーター
  • ネクステージ
  • アップル

ディーラーなどで下取り額が低かったら
他の事業者の売却額をしっかりと伝えて交渉するのもありです。

CX-5だけではなく、
新車購入を考えている方は自分の
愛車の査定額を知っておくのもありでしょう。

事業者により、どれだけの差が
あるのかわかってくるはずです。
査定額を確実にあげるために一括査定の
申し込むことを検討してみてもよいでしょう。
スマホでも簡単に申し込むことが出来ます。