マツダSUV比較!CX3とCX-5とCX8の価格差と性能差

下取り査定は必ず一括査定を使うこと

愛車の査定は必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。
スマホで簡単申し込みが出来ます。

今回はマツダのCXシリーズのご紹介です。

車を購入するときにあなたの重視するポイントは何でしょうか?

価格が気になる方や性能が気になるという方もいるかと思います。

CXシリーズの価格差と性能の違いをまとめてみましたので、購入を検討されている方は参考にしてみてください。

マツダSUV比較!CX3とCX8との価格差まとめ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

価格帯をそれぞれの車種・ガソリンorディーゼルでまとめてみました。

(すべて2WD・ATの税込みの本体価格となります。)

ガソリン ディーゼル
CX-3 ¥2,127,600~¥2,824,480 ¥2,436,480~¥3,094,480
CX-5 ¥2,494,800~¥3,877,200 ¥2,808,000~¥3,299,400
CX-8 ¥3,196,800~¥4,190,400

ガソリンを比較するとCX-3よりCX-5のほうが35万円ほど高い価格設定になっていますね。
CX-5は2018年11月のマイナーチェンジによりガソリン車にターボ車が出てきたり、全車種でグレードが高いものが発売されたりするので差が大きくなっています。

CX-8には現時点でソリンエンジンのモデルは発売していません。

ディーゼルを比較していくと、CX-3よりCX-5が約35万円高くなっていて

CX-5とCX-8では基本グレードでも約35万、上位グレードだと約65万と大きく違いが出てくるようです。

上記は車両本体のみの金額になっていますので、実際かかる費用は諸費用やオプションの料金が

さらにかかってくるため予算は20~30万円多く考えておいたほうが良いです。

CX-3とCX-5はガソリンかディーゼル2つのモデルから選ぶことができて

ガソリンはおおよそ30万円安いので、価格重視の方や年間の走行距離が短い方にはおすすめです。

CX-8はディーゼルのみの設定でCX-5よりも車体が大きいので

その分金額も約320万~400万と金額設定が高くなっています。

もしかしたら今後のマイナーチェンジなどで、ガソリンモデルが追加になる可能性もあるので

どうしてもCX-8が欲しいという方は様子を見ても良いかもしれません。

【マツダ・CX-5】CX3とCX8との性能を比較

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/design/?link_id=sbnv

それぞれの車にはエンジンの排気量にも違いがあります。

ガソリン車 ディーゼル車
CX-3 2000cc 1800cc
CX-5 2000cc、2500cc 2200cc
CX-8
2200cc

CX-3の1800ccのディーゼルとCX-5の2500ccのガソリンは

他のCXシリーズでは選べないモデルになっています。

CX-3のディーゼルは以前のモデルでは1500ccでしたが1800ccになったことで

加速が良くなり、排気量アップにもかかわらず300kgの軽量化が図られています。

ガソリンモデルも排気量が2000ccとなっていて、CX-3のコンパクトなボディに

大排気量のエンジン搭載で十分な加速感を味わえます。

CX-5の2500ccのガソリンは基本モデルは4WDの設定しかありません

上位グレードのLパッケージのみ2WDと4WDどちらかを選ぶことができます。

CX-5の2200ccディーゼルですが加速感で言えばCX-8よりも車両重量が軽いので上記の中では一番です。

CX-8はCX-5と同じ2200ccのディーゼルエンジンのみとなっていますが

3列シートで家族等大人数で乗ることが想定されているためトルクのあるディーゼルのみとなっているそうです。

それぞれの車の大きさも比較していきます。

  • CX-3 全長4,275mm、全幅1,765mm、全高1,550mm
  • CX-5 全長4,545mm、全幅1,840mm、全高1,690mm
  • CX-8 全長4,900mm、全幅1,840mm、全高1,730mm

CX-3がコンパクトサイズ、CX-5がミドルサイズ、CX-8がラージサイズになっていて

CXの後につく数字が大きくなるほど、車両の大きさ、室内が広くなっています。

【マツダ・CX-5】CX3とCX8違いをまとめてみる

引用:https://carconmarket.jp

最後にそれぞれの車にはどのような方に向いているのかご紹介します。

CX-3はデミオなどのコンパクトカーでは満足できない方におすすめです。

その中でも都市在住の方で駐車場も広くないので大きい車は買うことができないけど

コンパクトカーよりも高級感のある車が欲しいという方にはぴったりの車です。

全高は1,550mmで都会のタワーパーキングにも入庫できるサイズです。

信号や交差点の多い都市部ではストップ・アンド・ゴーも多く、狭い路地でも車体がコンパクトなので

取り回しに優れています。

一人暮らしや毎日の通勤で使う方にはピッタリの大きさです。

軽自動車やコンパクトカーは長時間の運転は疲れてしまいがちですが、CX-3は足回りがしっかりしていて

ストレスのない加速をしてくれるので、長距離ドライブでもとても快適に過ごせます。

車体がコンパクトなので、荷室の広さは少し狭く感じますが

週末のまとめ買いなどには十分な容量です。

 

CX-5は一戸建てを所有している3人から4人のご家族におすすめです。

室内の横幅が十分に広いため、4人までの乗車は非常に快適です。

リアシートに大人が2人乗っても快適に過ごせる広さと、疲れづらいシートでとても快適です。

そのためお子さんが高校生や成人しても家族全員で出かけることができます。

ディーゼルエンジンはトルクがあって加速がとても良いエンジンになっているので

家族全員が乗車していても山道などの上り坂でも楽々加速してくれてストレスのない運転ができます。

荷室はとても広くできているので、レジャーに持っていく荷物を積み込むのに十分なスペースがあります。

スキーや釣りが趣味の方にもお勧めで、リアシートを倒すと長い荷物も楽に積み込むことができます。

4人乗車時でも3分割で倒せるシートの真ん中だけを倒して、スキー板などを積むこともできます。

CX-8はミニバンからの乗り換えや、これからミニバンに乗り換えようと考えている方におすすめです。

ミニバンの箱型デザインが好みではないという方にはぴったりの車です。

多人数乗車もできてSUVボディのスタイリッシュで質感が高い贅沢な車ですが

現在発売している3列シートのあるSUVの中では価格は低いのでお手頃だと思います。

搭載エンジンはCX-5と同じ2200ccのディーゼルエンジンですが、車両重量の重さや

多人数乗車にも対応していて、低回転域でエンジンがリニアに反応してトルクを発生するように

エンジン仕様を変更してあります。

ミニバンとの違いで、スライドドアがないのが欠点でシートの乗り降りは少し大変になってしまいます。

3列目シートも室内の高さは865mmとなっているため、170cm以上の方は乗るのが難しく

少し窮屈になっています。

3列目はお子さん用での使用が良いかと思います。

それぞれの車にどんな方が向いているかご紹介させていただきましたが

少しは参考になったでしょうか。

CXシリーズはSUVの中でも走りにこだわった車になっているので

検討の際は、お店で一度試乗されることをおすすめします。

欲しい車を最大の額で値引きする絶対に後悔しない裏ワザ!

新車に乗り換えたいと
思ってる人は必見です。
販売する店舗で下取りを
お願いすると何10万円も
損をする可能性があります。

無料の一括査定を使うと逆に
10万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

一社じゃなく、最大10社の
事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかるのは当然ですね。

「事業者によって50万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用すべきです。

一括査定で10万円以上、
得をする可能性をあげる手順
  1. 一括査定の申し込み(1分かからないです)
    スマホでもPCでもOK
  2. 申し込み完了後、事業者から電話、メールが来るので申し込み内容に沿った査定額を言ってくれる。
  3. 新車を購入する販売店で下取り額を聞く
  4. 一番高く売れるところで売る。

たったこれだけで
何10万も特をする
可能性があります。
よく考えてみてください。
一括査定に申し込むだけで
給料以上を得する可能性もあるんです。
そうなったら時給にしたら
何万円にもなります。

無料の一括査定のデメリットは絶対に知るべし!

メリットだけではなくデメリットもあり、
それを嘘なしで教えます。
一括査定にもデメリットはあります。
「45秒くらいの入力」で多くの
事業者に愛車を査定してもらうことが出来ます。

その入力が完了したら電話や
メールで査定額を教えてくれます。
ここにデメリットがありますので
注意が必要です。
口コミを見ると電話がすごくかかって
きたりと迷惑に感じる人もいます。

一括査定のデメリットは!?
またそれは解消できる?

申し込みをしたら
中古車の事業者から
連絡が来ます。
メールしかしない事業者もありますが、
電話もあります。
また営業マンが実際に車を身にきて
査定することもあります。
なので申し込む前にアポを取る日は決めておいて、
その時に事業者を集中させるのも手でしょう。
これらがデメリットです。
何度も連絡が来ます。
査定が終わり愛車を買い取ってもらう先が
決まってからのトラブルは
【安心車.jp】を運営している
大企業の株式会社イードに
電話して対応してもらうことが可能です。

デメリットの解消として、この【安心車.jp】を利用してる事業者は
JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟しています。

中古車事業者とユーザーに有益な情報を提供する一般社団法人なんです。
JADRIの加盟には厳しい審査もありますので、安心できます。

またここに加盟している事業者は下記のような大手企業も査定をしてくれます。

  • カーセブン
  • ガリバー
  • TAX
  • ビッグモーター
  • ネクステージ
  • アップル

ディーラーなどで下取り額が低かったら
他の事業者の売却額をしっかりと伝えて交渉するのもありです。

CX-5だけではなく、
新車購入を考えている方は自分の
愛車の査定額を知っておくのもありでしょう。

事業者により、どれだけの差が
あるのかわかってくるはずです。
査定額を確実にあげるために一括査定の
申し込むことを検討してみてもよいでしょう。
スマホでも簡単に申し込むことが出来ます。