CX-5 VS 三菱エクリプスクロス!買うならどっち?SUV対決

下取り査定は必ず一括査定を使うこと

愛車の査定は必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。
スマホで簡単申し込みが出来ます。

SUVは今新車の中でも人気が高くなっています。

次に乗る車はSUVが良いと考えている方も多いのではないでしょうか。

今回はSUVで人気の高いマツダCX-5と三菱から発売された新型SUVエクリプスクロスの比較していきたいと思います。

SUVを検討している方はぜひ参考にしてくださいね♪

マツダ・CX-5 VS 三菱エクリプスクロスの大きさを比較

 

引用:https://gqjapan.jp/car/review/20180410/mitsubishi-eclipse-cross

外観の大きさ

全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm)
CX-5 4540 1840 1690
エクリプスクロス 4405 1805 1685

室内寸法

室内長(mm) 室内幅(mm) 室内高(mm)
CX-5 1910 1530 1280
エクリプスクロス 1870 1490 1240

大きさを比較するとCX-5がエクリプスクロスよりも一回り大きいことがわかりますね。

CX-5はミドルクラスのSUVの中では標準的な大きさになっているので、エクリプスクロスはコンパクトSUVに近い大きさかもしれません。

トヨタC-HRやホンダヴェゼルの大きさに近いと思います。

室内はエクリプスクロスはコンパクトSUVの中では広いスペースになっています。

コンパクトなボディなのですが室内は広くなっていて、後部座席に人が乗っていても窮屈感は感じないと思います。

CX-5はミドルクラスのSUVの大きさを生かした、骨太感のあるSUVらしい雰囲気があるのに対して、エクリプスクロスはスポーツカーのようなシャープな印象です。

CX-5はマツダの鼓動デザインを採用していて、シンプルで落ち着いたデザインだと思います。

エクリプスクロスは三菱のスポーツカーのランサーエボリューションを彷彿させるような、ダイナミックなデザインになっていると思います。

両車デザインはメーカーの色が強く反映されていて、対照的なデザインなのでどちらも魅力的ですよね。

マツダ・CX-5 VS 三菱エクリプスクロスの価格を比較

それぞれの新車のおおよその価格帯を比較していきます。

CX-5 ガソリン車 250~320万円

ディーゼル車 280~360万円

エクリプスクロス ガソリン車(ターボ)253~310万円

エクリプスクロスはCX-5のガソリン車とおおよそ同じ価格帯になっているようです。

大きさの割に高いと感じる方が多いのではないでしょうか。

価格重視の方にはエクリプスクロスは割高感があるかもしれませんね。

CX-5のガソリン車とエクリプスクロスを比較検討する場合には、自動ブレーキなどの装備も両車同等の装備内容になっているので、最終的な価格差は値引きで決まってきそうです。

販売開始時期から考えると、三菱の新型車エクリプスクロスのほうが値引きがあまり期待できないので、CX-5のガソリン車が最終的には安くなってくると思います。

コンパクトSUVの中では、エクリプスクロスは強気な価格設定だと思います。

発売当時価格が高いとされていたマツダCX-3やトヨタC-HRを超える価格になっています。

三菱からは4年ぶりとなる新型車なので自信がうかがえますね。

マツダ・CX-5 VS 三菱エクリプスクロスの燃費を比較

CX-5 ディーゼル車燃費(2WD) 19.0km/L

ガソリン車燃費(2WD) 14.8~16.0km/L

エクリプスクロス ガソリン車(ターボ) 15.0km/L

(JC08モードの測定値)

燃費を比較するとCX-5のディーゼルの燃費が良いことがわかります。

ディーゼルは軽油が使用燃料なので、さらに維持費は安く抑えられます。

燃費を重視する方ならCX-5のディーゼルがおすすめだと思います。

CX-5のガソリン車とエクリプスクロスの燃費の差はあまりないようです。

車体の大きさや1.5Lという排気量から考えると、エクリプスクロスの燃費は少し気になるところですよね。

排気量の違いはCX-5のガソリンが2000cc・2500ccでディーゼルが2200ccに対して、エクリプスクロスは1500ccです。

エクリプスクロスには新開発の1.5Lのターボエンジンが搭載されています。

1.5L前後のダウンサイジングターボは欧州車で搭載されている車は多く、国産車でも増えてきました。

燃費性能の向上と排出ガス抑える特性があるようです。

ターボを搭載することで低中速域のトルクが上がりスムーズに加速してくれるようになります。

また、排気量が小さいので自動車税が安くなるというメリットもあります。

エクリプスクロスのターボエンジンは2.4LのNAガソリンエンジン並みのトルクを発揮するし、小排気量ながらパワーのある車になっています。

CX-5のディーゼルはターボ搭載でトルクもより太くなっているので劣るものの、2000ccのガソリン車には勝る加速感がありそうです。

それだけのパワーがある車ならば、そこまで悪い燃費ではないのかなという気がしますが、加速や燃費にも勝っているディーゼルのほうが魅力はあると思います。

マツダ・CX-5 VS 三菱エクリプスクロス 違い比較のまとめ!

引用:https://ganbaremmc.exblog.jp/27222472/

CX-5とエクリプスクロスの比較をしてきましたが、どちらが魅力的だったでしょうか。

CX-5のガソリンとエクリプスクロスは価格帯がほぼ同じになっているので、比較される理由がわかりますね。

でも、比較してきましたが車の大きさや排気量は大きく異なっています。

なぜ大きさが違うのに価格が同じなのかというと、最近はSUVでもコンパクトサイズの車が流行っているからです。

マツダCX-3・トヨタC-HR・スズキエスクードなどがコンパクトSUVにあたります。

その中でもエクリプスクロスのターボはパワーとトルクに優れています。

そのため流行りのコンパクトSUVの中でもパワーを求める方にはエクリプスクロスはおすすめできます。

排気量が少ない車だとパワーが物足りないと思うことがあるかもしれませんが、エクリプスクロスなら十分にパワフルな運転ができます。

三菱の4WDシステムは評価が高いので、雪道をよく走る方にもおすすめですね。

CX-5は従来のSUVと同じ大きさ、室内の広さになっているのでアウトドアでの使い勝手はとても良いです。

ディーゼルなら遠乗りするときもストレスなく運転できます。

個人的にストパフォーマンスで圧倒的に勝っているので、駐車種ペースなどの問題がなければCX-5がおすすめだと思います。

やはり燃費や価格を考えると、エクリプスクロスのコストパフォーマンスはCX-5にかなわないと思ってしまいます。

価格が300万円近いとなると他の選択肢も多くなってきます。

パワーのある車はCX-5のディーゼルや他社のターボエンジンの車もありますし・・・

CX-5のディーゼルには他社にはない圧倒的なトルクと燃費性能があるので魅力的なのかなと思います。

CX-5にはガソリン・ディーゼルの選択肢がありますが、エクリプスクロスには今のところガソリン(ターボ)の選択肢しかありません。

街乗りメインならガソリン車・走行距離の多い方はディーゼル車と住み分けがきちんとできています。

エクリプスクロスにはエンジンタイプが1つしかないのが弱みと言って良いかもしれません。

今後ディーゼルの発売の噂もあるようなので、実現すればCX-5の一番のライバル車になってくるかもしれませんね。

欲しい車を最大の額で値引きする絶対に後悔しない裏ワザ!

新車に乗り換えたいと
思ってる人は必見です。
販売する店舗で下取りを
お願いすると何10万円も
損をする可能性があります。

無料の一括査定を使うと逆に
10万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

一社じゃなく、最大10社の
事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかるのは当然ですね。

「事業者によって50万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用すべきです。

一括査定で10万円以上、
得をする可能性をあげる手順
  1. 一括査定の申し込み(1分かからないです)
    スマホでもPCでもOK
  2. 申し込み完了後、事業者から電話、メールが来るので申し込み内容に沿った査定額を言ってくれる。
  3. 新車を購入する販売店で下取り額を聞く
  4. 一番高く売れるところで売る。

たったこれだけで
何10万も特をする
可能性があります。
よく考えてみてください。
一括査定に申し込むだけで
給料以上を得する可能性もあるんです。
そうなったら時給にしたら
何万円にもなります。

無料の一括査定のデメリットは絶対に知るべし!

メリットだけではなくデメリットもあり、
それを嘘なしで教えます。
一括査定にもデメリットはあります。
「45秒くらいの入力」で多くの
事業者に愛車を査定してもらうことが出来ます。

その入力が完了したら電話や
メールで査定額を教えてくれます。
ここにデメリットがありますので
注意が必要です。
口コミを見ると電話がすごくかかって
きたりと迷惑に感じる人もいます。

一括査定のデメリットは!?
またそれは解消できる?

申し込みをしたら
中古車の事業者から
連絡が来ます。
メールしかしない事業者もありますが、
電話もあります。
また営業マンが実際に車を身にきて
査定することもあります。
なので申し込む前にアポを取る日は決めておいて、
その時に事業者を集中させるのも手でしょう。
これらがデメリットです。
何度も連絡が来ます。
査定が終わり愛車を買い取ってもらう先が
決まってからのトラブルは
【安心車.jp】を運営している
大企業の株式会社イードに
電話して対応してもらうことが可能です。

デメリットの解消として、この【安心車.jp】を利用してる事業者は
JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟しています。

中古車事業者とユーザーに有益な情報を提供する一般社団法人なんです。
JADRIの加盟には厳しい審査もありますので、安心できます。

またここに加盟している事業者は下記のような大手企業も査定をしてくれます。

  • カーセブン
  • ガリバー
  • TAX
  • ビッグモーター
  • ネクステージ
  • アップル

ディーラーなどで下取り額が低かったら
他の事業者の売却額をしっかりと伝えて交渉するのもありです。

CX-5だけではなく、
新車購入を考えている方は自分の
愛車の査定額を知っておくのもありでしょう。

事業者により、どれだけの差が
あるのかわかってくるはずです。
査定額を確実にあげるために一括査定の
申し込むことを検討してみてもよいでしょう。
スマホでも簡単に申し込むことが出来ます。