CX-5 VS 日産エクストレイル!買うならどっち?SUV対決

下取り査定は必ず一括査定を使うこと

愛車の査定は必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。
スマホで簡単申し込みが出来ます。

今回はSUVで人気の高いCX-5とエクストレイルを紹介させていただきます。

SUVは新車の中で非常に人気が高く、アウトドアで使用する方はもちろん、デザインの良さから街乗りメインで購入する方も増えています。

その中でもCX-5とエクストレイルは安定した人気のある車種です。

購入を考えている方はぜひ今回の比較を参考にしてみてください♪

マツダ・CX-5 VS 日産エクストレイルの大きさを比較

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20170605-20103229-carview/

外観の大きさ

全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm)
CX-5 4540 1840 1690
エクスとレイル 4690 1820 1740

室内寸法

室内長(mm) 室内幅(mm) 室内高(mm)
CX-5 1910 1530 1280
エクストレイル 2005 1535 1270

比較してみると、同じミドルサイズSUVになっているので大きさもさほど違いはないようです。

高さを比較すると、CX-5のほうが低くなっていてスポーティーな印象だと思います。

エクストレイルのほうが長く、直線的なデザインでモダンな印象といった感じです。

CX-5は曲線的で丸みを帯びたデザインで、エクストレイルは少し角ばったデザインになっているので、対照的なデザインになっていると思います。

現行型のモデルはCX-5が2017年から販売されていてエクストレイルは2013年なので、CX-5のほうが新しく先進的なデザインと言えるかもしれません。

デザインはかなり異なっていますが、どちらのデザインが良いかは人それぞれですね。

インテリアの大きな違いはエクストレイルは3列シートモデルを選択できるところです。

3列目はかなり窮屈になってしまいますが、子供用に使用するのであれば十分なスペースがあります。

家族など大人数で乗車する方は選ぶうえでポイントになってくると思います。

同じ5人乗りでは、両車の運転席・助手席・後部座席の居住性はほぼ同じと言って良いでしょう。

シートの座り心地はCX-5のほうが良いと思います。

ちょうどよい硬さで、ホールド性が高いので遠乗りでも疲れづらいシートになっています。

内装のデザインはCX-5のほうが質感が高く感じます。

エクストレイルは変則的なデザインで飽きがこなそうな気がしますが、CX-5の内装はシンプルでまとまりがあり高級感があると思います。

内装のデザインもかなり異なっているので、好みが分かれてくると思います。

荷室の広さはエクストレイルがやや広くなっているので、使い勝手はエクストレイルに分があります。

エクストレイルの荷室や室内の一部はウォッシャブル使用になっているのでアウトドアに特化しています。

マツダ・CX-5 VS 日産エクストレイルの価格を比較

それぞれの新車のおおよその価格帯を比較してみます。

CX-5 ガソリン車 250~320万円

ディーゼル車 280~360万円

エクストレイル ガソリン車 240~290万円

ハイブリッド車 270~330万円

価格を比較するとCX-5がやや高くなっています。

しかし、装備内容を比較するとCX-5の標準装備のほうが充実しています。

エクストレイルにも同じオプションを追加するとほぼ同じ金額になってきます。

同じランクのグレードを比較するとCX-5には安全装備が標準装備なのに対してエクストレイルではオプション扱いになっていたりするので、価格を比較する際には注意が必要ですね。

上記の金額は車両本体価格のみの金額なので、実際に両車の見積もりを出して比較すると同じくらいの金額か中にはエクストレイルのほうが高くなってしまったという方もいるようです。

自動車税や自動車重量税といった維持費の負担額も両車大きな違いはありません。

エクストレイルは3列シートのモデルも選べますが、3列シートでもCX-5と価格はさほど変わりません。

マツダのCX-8も3列シートですが価格帯がかなり高くなるので、エクストレイルの3列シートモデルはお手頃価格だと思います。

マツダ・CX-5 VS 日産エクストレイルの燃費を比較

CX-5 ディーゼル車燃費(2WD) 19.0km/L

ガソリン車燃費(2WD) 14.8~16.0km/L

エクストレイル ハイブリッド車燃費(2WD) 20.0~20.6km/L

ガソリン車燃費(2WD) 15.6~16.4km/L

(JC08モードの測定値)

燃費で比較すると数値ではエクストレイルのハイブリッドが一番良いですね。

でも、CX-5のディーゼルは軽油が使用燃料なのです。

CX-5の実燃費はエクストレイルのハイブリッドよりも良いという方も非常に多いです。

軽油はガソリンに比べて1Lあたり約20円も安くなります。

このことを考えると、数値の開きはあまりないですし、CX-5のディーゼルの燃費が圧倒的に良いことがわかると思います。

車の走行距離が多い方にはCX-5のディーゼルがぴったりかもしれません。

マツダ・CX-5 VS 日産エクストレイル 違い比較のまとめ!

引用:https://automove.jp/?p=52078

CX-5とエクストレイルの比較をさせていただきましたが、少しは参考になったでしょうか。

価格帯もほぼ同じで、どちらも非常に似たところのある車ですよね。

SUVを検討している方の中でもCX-5とエクストレイルどちらを購入するか悩まれる方は非常に多いようです。

選択のポイントは、今後の使い方で選ぶと良いと思います。

デザイン重視でSUVを検討している方や、遠出をよくする方にはCX-5がおすすめです。

遠出をする方はディーゼルエンジンが力強い加速をしてくれて、街乗りでも燃費は良いですし荷室も広いので使い勝手は十分です。

もしもの事故の時でも、CX-5のほうが安全装備が充実していて評価も高いので安心だと思います。

大人数乗車や荷物を多く積みたいなど、使い勝手重視の方にはエクストレイルがおすすめです。

3列シートが選択できるので、5人以上乗車する場合はエクストレイルで間違いないと思います。

また、スノーボードなどアウトドアの趣味がある方もエクストレイルのほうがおすすめかもしれません。

ルーフレールがついていたり、荷室が防水仕様になっているのでアウトドアに向いていると思います。

エクストレイルはオプションで自動運転技術のプロパイロットが選択できるので、運転の負担を減らしたい方にはおすすめできるポイントかもしれません。

ナビの選択肢もCX-5はマツダコネクトというナビを採用していて1種類しか選ぶことができませんが、エクストレイルは複数のメーカーのナビを選ぶことができます。

ナビにこだわりがある方や、画面が大きいほうが良いという場合はエクストレイルのほうが良いかもしれません。

どちらが自分に合っている車なのか決めるポイントとして、試乗してみるとより分かります。

CX-5のディーゼルはとても力強い加速感が味わえて、エクストレイルのハイブリッドは立ち上がりがとてもスムーズでストレスなく運転できます。

ガソリン車同士も走りを比較すると全く違った乗り味になっています。

どちらが乗ってみて良いかは実際に試乗してみないと判断できないと思うので、ぜひ乗り比べてみて下さい。

どちらもSUVとして非常に完成度の高い車なので、どちらを購入しても満足度は高いと思います。

欲しい車を最大の額で値引きする絶対に後悔しない裏ワザ!

新車に乗り換えたいと
思ってる人は必見です。
販売する店舗で下取りを
お願いすると何10万円も
損をする可能性があります。

無料の一括査定を使うと逆に
10万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

一社じゃなく、最大10社の
事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかるのは当然ですね。

「事業者によって50万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用すべきです。

一括査定で10万円以上、
得をする可能性をあげる手順
  1. 一括査定の申し込み(1分かからないです)
    スマホでもPCでもOK
  2. 申し込み完了後、事業者から電話、メールが来るので申し込み内容に沿った査定額を言ってくれる。
  3. 新車を購入する販売店で下取り額を聞く
  4. 一番高く売れるところで売る。

たったこれだけで
何10万も特をする
可能性があります。
よく考えてみてください。
一括査定に申し込むだけで
給料以上を得する可能性もあるんです。
そうなったら時給にしたら
何万円にもなります。

無料の一括査定のデメリットは絶対に知るべし!

メリットだけではなくデメリットもあり、
それを嘘なしで教えます。
一括査定にもデメリットはあります。
「45秒くらいの入力」で多くの
事業者に愛車を査定してもらうことが出来ます。

その入力が完了したら電話や
メールで査定額を教えてくれます。
ここにデメリットがありますので
注意が必要です。
口コミを見ると電話がすごくかかって
きたりと迷惑に感じる人もいます。

一括査定のデメリットは!?
またそれは解消できる?

申し込みをしたら
中古車の事業者から
連絡が来ます。
メールしかしない事業者もありますが、
電話もあります。
また営業マンが実際に車を身にきて
査定することもあります。
なので申し込む前にアポを取る日は決めておいて、
その時に事業者を集中させるのも手でしょう。
これらがデメリットです。
何度も連絡が来ます。
査定が終わり愛車を買い取ってもらう先が
決まってからのトラブルは
【安心車.jp】を運営している
大企業の株式会社イードに
電話して対応してもらうことが可能です。

デメリットの解消として、この【安心車.jp】を利用してる事業者は
JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟しています。

中古車事業者とユーザーに有益な情報を提供する一般社団法人なんです。
JADRIの加盟には厳しい審査もありますので、安心できます。

またここに加盟している事業者は下記のような大手企業も査定をしてくれます。

  • カーセブン
  • ガリバー
  • TAX
  • ビッグモーター
  • ネクステージ
  • アップル

ディーラーなどで下取り額が低かったら
他の事業者の売却額をしっかりと伝えて交渉するのもありです。

CX-5だけではなく、
新車購入を考えている方は自分の
愛車の査定額を知っておくのもありでしょう。

事業者により、どれだけの差が
あるのかわかってくるはずです。
査定額を確実にあげるために一括査定の
申し込むことを検討してみてもよいでしょう。
スマホでも簡単に申し込むことが出来ます。