マツダ・CX-5 オイル交換時期と頻度はどのタイミングが良い!?

下取り査定は必ず一括査定を使うこと

愛車の査定は必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。
スマホで簡単申し込みが出来ます。

エンジンオイルの交換をどれくらいの頻度で行っているでしょうか。

車検や定期点検の時に勧められてなんとなくやっているという方が多いのではないかと思います。

CX-5のディーゼルはガソリン車のエンジンオイルと違いディーゼル専用のエンジンオイルになっています。

ディーゼル車はオイル交換がガソリン車よりもさらに重要になってきますので、今回はCX-5のディーゼルのオイル交換について紹介させていただきます。

CX-5のディーゼルにお乗りの方はぜひ参考にしていただければと思います。

 

マツダ・CX-5 オイル交換をしないとエンジン不調が起きる!?

引用:https://autoc-one.jp/mazda/cx-5/report-3072747/photo/0042.html

エンジンオイルはエンジン内のパーツを潤滑させたり、エンジン内を冷却させる効果を持っていて、エンジン内で果たす役割はとても大きいです。

オイル交換をせずに自動車というのはエンジンオイルの劣化で及ぼすのでしょうか?

走行することで汚れてきてしまうので交換に気を遣っていくことも必要になってきます。

劣化が進んでいくとどうなるか順番に考えていきます。

まず、エンジンオイルが劣化することで、エンジン本来のパフォーマンスを発揮することができなくなります。

具体的には、エンジン出力が低下したり燃費が悪くなってきます

エンジンオイルの劣化により走りだしでアクセルを踏み込んでも、いつもより加速を感じることができなかったり、

燃費が悪くなってくることもあります。エンジンオイルの多少の劣化は体に感じることは早々にないでしょう。

さらにオイル交換をしないで乗り続けていると、エンジン内のピストンリングが摩耗していきます。

損傷して交換になってしまった場合は、修理も大掛かりになるのでかなりの修理費用が掛かってきます。

最悪の場合はオイルの劣化により冷却機能がおちてエンジンが焼き付くなど、重大な故障につながり乗り換えなくてはならなくなってしまう事もあります

エンジンオイルはエンジン内のパーツを潤滑させたり、エンジン内を冷却させる効果を持っていて、エンジン内で果たす役割はとても大きいです。

そのためエンジンオイルが汚れてしまうと、エンジンに負担がかかったりなど車に様々な影響がでてきてしまいます。

オイル代をケチったばかりに、車が故障して大きな支出になってしまったなんてことになりかねないです。

整備不良で事故を起こしたりしたらさらに大変なことになります。

エンジンオイルの役割はとても大切なことがわかりますよね。

特にCX-5のディーゼルはガソリン車エンジンの仕組みが異なっているので、エンジンオイルの役割はより重要になってきます。

 

マツダ・CX-5 オイル量はどれくらい!?またオイル交換の費用は?

CX-5ディーゼルのエンジンオイルはクリーンディーゼル専用オイル

DL-1

SKY-Dオイル

上記どちらかの指定があるようです。

オイル容量は20Lです。

オイル交換の費用はディーラーに依頼すると通常1万円前後の金額がかかります。

ガソリンエンジンのオイル交換はおおよそ3000円ほどなので、CX-5の専用オイルはかなり高くなっていますね。

ディーラー以外でもCX-5のオイル交換上記よりも安くしてくれるところもありますが、あまりおすすめできません。

車の調子が悪くなる原因としては専用のオイルではないものを使ってる可能性があります。

専用オイルでないとパフォーマンスを発揮できない場合があるからです。

指定のエンジンオイルをいれることで安心して走行することができます。高くなりますが、安全を優先すべきだと思います。

それも自分の愛車への気遣いだと思います♪

マツダ・CX-5 オイル交換の目安の調べ方

エンジンオイルはオイルレベルゲージを確認することでチェックすることができます。

オイルレベルゲージはエンジンルームのオレンジ色のオイルの絵が描いている蓋になっているケースが多いです。

蓋を引き抜いてオイルレベルゲージの先端のオイルを拭き取りましょう。

引き抜く前にエンジンを切っておかないと危険です。

エンジンを切った直後は高温になっていて、やけどする恐れがあるので10分以上放置してから手袋をしてから引き抜くようにしてください。

オイルレベルゲージを拭き取って、また戻して再度抜いてみて下さい。

オイルレベルゲージにオイルが付着しますが、これでエンジンオイルを確認することができます。

オイルレベルゲージに付着したオイルをキッチンペーパーなどでに垂らしてみて黒に汚れているなら交換の必要があります。

あまり汚れていない場合は金属のカスが浮き出て、オイルは全体に浸みこみます。

しかし、上記で紹介したのは一般的なガソリン車の確認方法なので、CX-5のディーゼルでは確認が難しいかもしれません。

ディーゼルエンジンのエンジンオイルは少し汚れただけでも、すぐに真っ黒になってしまうため目視での汚れ具合の判断はつきづらくなっています。

ディーゼルのエンジンオイルはディーラーやその他業者のプロの方に確認してもらったほうが安心です。

 

マツダ・CX-5は結局いつどのタイミングでオイル交換をするのがベスト!?

ではCX-5のディーゼルはどのタイミングでエンジンオイルの交換を行えばよいのでしょうか。

ガソリン車では、5000キロ走行で交換するのがディーラーで推奨されています。

車の説明書などに書いてありますが、メーカーでは1万キロで交換を推奨しています。

エンジンオイルは距離を乗っていない場合でも時間とともに劣化してしまうので、ディーラーでは半年に1回の交換を勧めております。

1年に一回は交換したほうが良いというのはメーカー側のほうでもあります。

車にあまり乗らないので、走行距離が少ない方も半年か1年でオイル交換が必要になると考えておいてよいでしょう。。

CX-5のディーゼルでもエンジンオイルの交換頻度はガソリン車と同じで良いそうです。

ディーラーとメーカーで推奨している距離数や期間が違っています。

これは、ディーラーで推奨している5000キロ・半年はエンジンのコンディションを良い状態で保てる目安で、メーカーで推奨している1万キロ・1年は車を故障させない目安だと思います。

CX-5のディーゼルはディーラー推奨で交換するほうが、車のパフォーマンスを維持できるのでおすすめだと思います。

エンジンオイルの交換は大切ですが、意外と交換するタイミングを忘れがちです。

整備手帳を確認するとオイル交換を行った日にちが記載されていたり、運転席を開けた車体側などのステッカーで確認できます。

おすすめなのはディーラーでメンテナンスパックに加入することです。

マツダではパックdeメンテというメンテナンス商品に加入出来て、半年ごとの点検の契約を結ぶことができます。

オイル交換を忘れないようにするために半年ごとに手紙などで連絡が来ます。

点検・オイル交換代をその都度支払うよりも、加入したほうが支払額は安くなっています。

定期的に点検してもらえるので、故障のリスクも低くなって、普段のドライブもとても安心できるのでCX-5に乗っている方はぜひ加入したほうが良いです。

点検・オイル交換は故障リスクを抑えるだけでなく、実は下取り・買い取り金額にも影響してきます。

査定では、整備手帳・記録簿などで点検を行っているかを確認して加点する項目があるので、査定額に影響してくるのです。

車を高く買い取ってもらいたい方は、メンテナンスパックに加入したりして、点検・オイル交換をしっかりと行いましょう。

欲しい車を最大の額で値引きする絶対に後悔しない裏ワザ!

新車に乗り換えたいと
思ってる人は必見です。
販売する店舗で下取りを
お願いすると何10万円も
損をする可能性があります。

無料の一括査定を使うと逆に
10万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

一社じゃなく、最大10社の
事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかるのは当然ですね。

「事業者によって50万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用すべきです。

一括査定で10万円以上、
得をする可能性をあげる手順
  1. 一括査定の申し込み(1分かからないです)
    スマホでもPCでもOK
  2. 申し込み完了後、事業者から電話、メールが来るので申し込み内容に沿った査定額を言ってくれる。
  3. 新車を購入する販売店で下取り額を聞く
  4. 一番高く売れるところで売る。

たったこれだけで
何10万も特をする
可能性があります。
よく考えてみてください。
一括査定に申し込むだけで
給料以上を得する可能性もあるんです。
そうなったら時給にしたら
何万円にもなります。

無料の一括査定のデメリットは絶対に知るべし!

メリットだけではなくデメリットもあり、
それを嘘なしで教えます。
一括査定にもデメリットはあります。
「45秒くらいの入力」で多くの
事業者に愛車を査定してもらうことが出来ます。

その入力が完了したら電話や
メールで査定額を教えてくれます。
ここにデメリットがありますので
注意が必要です。
口コミを見ると電話がすごくかかって
きたりと迷惑に感じる人もいます。

一括査定のデメリットは!?
またそれは解消できる?

申し込みをしたら
中古車の事業者から
連絡が来ます。
メールしかしない事業者もありますが、
電話もあります。
また営業マンが実際に車を身にきて
査定することもあります。
なので申し込む前にアポを取る日は決めておいて、
その時に事業者を集中させるのも手でしょう。
これらがデメリットです。
何度も連絡が来ます。
査定が終わり愛車を買い取ってもらう先が
決まってからのトラブルは
【安心車.jp】を運営している
大企業の株式会社イードに
電話して対応してもらうことが可能です。

デメリットの解消として、この【安心車.jp】を利用してる事業者は
JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟しています。

中古車事業者とユーザーに有益な情報を提供する一般社団法人なんです。
JADRIの加盟には厳しい審査もありますので、安心できます。

またここに加盟している事業者は下記のような大手企業も査定をしてくれます。

  • カーセブン
  • ガリバー
  • TAX
  • ビッグモーター
  • ネクステージ
  • アップル

ディーラーなどで下取り額が低かったら
他の事業者の売却額をしっかりと伝えて交渉するのもありです。

CX-5だけではなく、
新車購入を考えている方は自分の
愛車の査定額を知っておくのもありでしょう。

事業者により、どれだけの差が
あるのかわかってくるはずです。
査定額を確実にあげるために一括査定の
申し込むことを検討してみてもよいでしょう。
スマホでも簡単に申し込むことが出来ます。